こんにちは。

最近雨が続いていますね。

それでも洗濯物は増えていく。

共働きで、日中家にいれないので、ほぼ年中部屋干しです。

都祁にはコインランドリーも無いし。乾燥機能つきのドラム型洗濯機とか欲しくなってしまいますよね。

我が家で使用している洗濯機は温風乾燥機能のついていない縦型洗濯機です。

買い換えるには早いし、高価だし。

ってことで、昨年購入した除湿機。

なんと大活躍です。

除湿機が一年中仕事してる。どんな天候でも怖くない。

除湿機を購入してからというもの、我が家の洗濯ライフは非常に捗っています。

雨の日はもちろん。花粉も黄砂もPM2.5も不意の夕立だってなんてことありません。

だって、部屋干しですから。

最強かと思われる除湿機にもメリットとデメリットがあります。

まずは、種類。

コンプレッサー方式とデシカント方式があります。ハイブリット方式というハイエンドな機種もありますね。

電気代についてもお話したいと思います。

では、種類から説明しますね。

コンプレッサー方式?デシカント方式?

除湿方式は特殊なものを除き2種類あります。

コンプレッサー方式

コンプレッサー方式では、内蔵されたコンプレッサーを駆動させ、冷媒(フロンガスなど)とよばれる物質を循環させて、冷却器で水分たっぷりの空気を取り込みます。

氷水を入れたコップが結露するのは、空気中の水分が付着しているそうです。

エアコンに搭載されている除湿もこの原理です。

一見、冷たい空気が出てくるように感じますが、コンプレッサーの作動によりモーターが回るので、少し暖かい空気が排出されます。なので、室温は少しあがります。

気温が高いほど効果が高く、低いほど向きません。つまり、夏や冬にもってこいです。

そして消費電力が少なく、デシカント方式と比べ半分くらいの電気代です。

デメリットとしては、本体が大きいこと、動作音がそこそこ大きいことでしょうか。

あとは、デシカント方式に比べ、高価な機種が多いです。

デシカント方式

デシカント方式は、吸水性に富んだ鉱物(ゼオライト、デシカント)を用いた除湿方式のことです。

湿った空気の水分をゼオライトが吸収します。ヒーターで温めてゼオライトを乾かし、熱交換器を通すことで水分を排出します。

気温に関係なく一定の除湿力があるので、一年を通してフル稼働可能です。

また、コンプレッサーが無いために、本体は軽い場合が多いですね。

デメリットとしては、電気代。ヒーターの消費電力分、電気料金は非常に高くなります。

そして、当然ながら温度上昇もあります。

大体3~8度も上昇するそうです。

真夏は扱いにくいかもしれませんねー。

我が家で購入したのはコンプレッサー方式。

結局。悩みに悩んで購入したのがコンプレッサー方式の除湿機です。

しかも、冬に買いました。

僕の住む都祁は、奈良県でも屈指の低温地域です。

冬場は外気温が一日中マイナスなんてこともザラにあります。

当時は冬場の洗濯に困っていましたから、安価で冬最強のデシカント方式を購入するのが普通の流れかと思います。

ではなぜコンプレッサー方式にしたのか。

それはコンプレッサー方式の機種の一つが大変すぐれていたからです。

購入の決め手は連続排水。冬モード搭載。

購入したのは三菱の除湿機MJー180シリーズです。

連続排水できるのは現在この機種のみです。

現在は連続排水していませんが、夏場は必要になるかなと思います。

別荘などの湿度管理にも十分使用できそうですね。

タンクも4.7Lと最大級。

冬モードでは、強運転以上のハイパワー運転でパワフルに除湿してくれます。

室温が3度くらいまで下がった洗濯部屋でも、夜に4人分の洗濯物を干して朝には乾くくらいのパワーです。

気温が高いときは無敵ですね。ガンガン除湿します。

一日3回洗濯を回しても大丈夫なくらいです。ほんとに驚きです。

乾燥機つきの洗濯機に変えるよりも遥かに安いので(除湿機だけでみると高いですが)

いい買い物ができたと思います。

何と言っても、コンプレッサー方式は夏場に本領発揮するので、これからの季節が少し楽しみです。

洗濯物でお悩みのかた、除湿機、オススメですよ!!!

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA