こんにちは。

今回はカメラのレンズについてお話したいと思います。

僕は、カメラに関してはド素人でなんの技術もありません。

でも、最近は携帯電話のカメラも含めてとても綺麗に映るようになりましたね。

写真の修正も簡単で、プロ顔負けのレタッチが簡単にできるのも魅力的です。

それでもやはり、一眼レフカメラで撮影した写真はグッとくるものがありますね。

そんな感じで、入門用一眼レフを購入して4年ほどたちました。

一眼レフの魅力。

単純にかっこよさそうだからとはじめた趣味でした。

キットレンズでも充分な画質と質感があります。

“携帯とは全然ちがうわー”

とか言ってた僕ですが、その後携帯で撮影した写真と一眼レフで撮影したものの見分けがつかなかったのは内緒です。

レンズを交換したら世界が変わった。

キットレンズで3年撮影を続けた僕ですが、知り合いからいただいたアドバイスがあります。

“キットレンズ(標準レンズ)に慣れたら単焦点もいいけど、マクロか広角どっちかがいいよ”

なるほど。極端にどちらかに振ると世界観が違って良いわけだ。

単焦点レンズは焦点距離が固定されているレンズで、俗に言う明るいレンズが多く、背景がめっちゃボケる撮影が出来るので、一眼レフの醍醐味でもあります。

比較的安価に購入できるので、ほしいところでしたが、マクロか広角が良いと言われると購入しにくいですよね笑

結局、僕が購入したのは単焦点マクロレンズです。

めちゃくちゃ被写体に寄れるんですが、このマクロ領域の世界はすごかった。です。

素人の僕が言うのもなんですけども、何を写してもかっこよくなります。

例えば、スティックのり、携帯電話(iPhone8)での撮影ではこんな感じになります。限界まで寄って撮影しました。

 

次にマクロレンズを使用しての撮影です。

背景や前後、ピントをあわせた部分以外は全てボケるのです。画像加工なしでコレです。

作例が非常に適当ですが、マクロの世界はほんとに感動を覚えるほどに素敵です。

色合いも良い感じがしませんか?笑

携帯でもレタッチすればいいというのは内緒です。

マクロを知れば広角が欲しくなる。

マクロの世界を知ってしまった僕が次に欲しくなったのは広角レンズです。

トレッキングを始めてみると、マクロの世界も素晴らしいけど、世界観を伝えるには広角レンズが最適だと思ってしまいました。

これは、無限のレンズ中毒地獄に陥りそうです。笑

ということで、適当な持論を述べてしまいましたが、このへんで。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA