こんにちは!

先日友人の結婚式に参加してきました。

そのときに食べて印象的だったのが、

肉厚のヒラメと大葉をパイ生地で包んで焼いた、ソースはかぼちゃっぽいでした。

名前が全然わからない!笑

ポワレとかテリーヌとかそういうふうに言われてもわからないんですよね。汗

ちなみに

ポワレは蒸し焼き

テリーヌは型に入れて固めた前菜らしいです。

調べていたらルーローっていうものがありました。

ルーロー?なんかクルクル巻いた感じの言葉ですよね。

ルーローとは「巻く」という意味だそうです!

業界の人かな!?

ロールでいいやんて感じですよね。

まぁ、わかったことは一般教養のない僕からしたらフランス料理の名前の難しさは半端じゃないってことです。

とにかく美味しかったんですよね。

身が柔らかくて、大葉の香りと、パイの香ばしさがとても相性よくって、ソースはさすがフランス料理って感じでしたが、自分でも作ろうと思ったのでした。

きっとオニカサゴと相性ばっちりだぞ。と。

釣りの機会があれば、作りたいと思います。

オニカサゴと大葉のパイ包み焼き~かぼちゃのソースを添えて~

それではさよーなら!

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA